ターザンの呟き・・・ ( ̄ε ̄ )
ようこそ!! 武庫川ユニオンの旬なニュース&トピックスを配信いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
尼崎市役所分会の闘いのご支援に感謝します
 尼崎市の住民票入力業務に従事する派遣労働者5人は、武庫川ユニオン尼崎市役所分会の組合員として「働く者の街 尼崎を非正規の街尼崎にするな」「自治体がワーキングプアを作ってどうするの」「にんげんを入札するな」をスローガンに、自治体の進めるアウトソ-シング化に対し、そこで働く派遣労働者の人間としての尊厳をかけ闘い続けました。3月3日からはテントに籠城し無期限ストライキという壮絶な闘いでした。
 私たちの闘いに対し、尼崎市長への抗議FAXをはじめ、武庫川ユニオンに対する心温まる激励のメッセージ、そしてストライキ支援カンパなど労働組合の枠を越え絶大なご支援を頂きましたことに心より御礼申し上げます。
 尼崎市は私たちのストライキにも平然と2回の競争入札を強行実施しました。しかし、そのことごとくが全国の仲間の闘いの結果、不調となりました。その結果、ついに4月11日に団体交渉が再開され、尼崎市もついに私たちの要求を受け入れ4月14日から尼崎市の臨時職員として尼崎市役所で働くことになりました。
 今回の闘いが明らかにした課題は、1、自治体が住民票や戸籍まの入力業務まで派遣労働者に任せてよいのかということ 2、競争入札とりわけ派遣会社の競争入札は賃金の安売り競争であり、現代版奴隷市場になってしまうこと 3、リビング・ウェイジ条例の必要性を痛感したこと 4、完全自由化された労働者派遣法の規制を強化する改正が必要であること 5、非正規労働者が自ら立ち上がることの重要性 などでした。
 私たち5人は4月14日から尼崎市の臨時職員として住民票入力業務に就くことになりました。今後も、雇用の安定を求めあるべき雇用のあり方を求めながら、当面臨時職員の待遇改善に取り組みことになります。
 闘いの中で明らかとなった課題を解決していくため地域の仲間、そして全国の仲間と一緒に取り組んでいく決意です。それが全国の仲間から寄せられた支援に応える道だと思っています。
 言葉では言い尽くせませんが、とりあえず直接雇用が実現できたことを報告申し上げ、お礼に代えさせていただきます。 
 武庫川ユニオン 執行委員長 上山 史代
  同 尼崎市役所分会委員長 本郷 令子
スポンサーサイト
尼崎市役所分会支援の決起集会について
 急遽、自治労兵庫県本部からの呼びかけで、支援集会が決まりました。
 日時は3月17日(月)の午後4時45分から、場所は橘公園(尼崎市役所東隣)です。
 有給休暇など検討の上、ご参加下さい。
 また、他への呼びかけもお願い致します。
739796020_1.jpg
尼崎市役所分会 配布ビラ(Ⅴ)
5回目に配布したビラです。
(2008年1月24日)
ama-5a.png

ama-5b.png

の画像をクリックすると拡大します。
尼崎市役所分会 配布ビラ(Ⅳ)
4回目に配布したビラです。
(2007年12月26日)
ama-4a.png

ama-4b.png

の画像をクリックすると拡大します。
尼崎市役所分会 配布ビラ(Ⅲ)
3回目に配布したビラです。
(2007年12月10日)
ama-3a.png

ama-3b.png

の画像をクリックすると拡大します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。