ターザンの呟き・・・ ( ̄ε ̄ )
ようこそ!! 武庫川ユニオンの旬なニュース&トピックスを配信いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
10月・11月の日程
10月
23日(木) 労働相談ノウハウ講座
       6時 労働センター
24日(金) 郵便分会団体交渉
25日(土) シンポジウム 
       「自治体アウトソーシングを考える」
       1時30分から4時 労働福祉会館
        中野麻美弁護士
        金田文夫自治労書記長
        古谷博稲美町長
        小西純一郎武庫川ユニオン書記長
27日(月) 機関紙編集委員会
        6時30分 事務所
28日(火) フォーラム・エンジニアリング交渉
29日(水) 郵便非正規ユニオン結成総会
        6時30分 神戸市勤労会館
30日(木) 公契約条例制定運営委員会
        7時 労働センター
11月
 1日(土) たんばユニオン
        労働相談ノウハウ講座(予定)
 2日(日) ユニオンハイキング 有馬富士 
        9時30分  JR尼崎駅
        10時30分 JR新三田駅集合 
 6日(木) ホットライン街頭宣伝
        6時 阪神尼崎
 7日(金)~8日(土)
        非正規雇用ホットライン
14日(金) ふれあい分会
        6時30分 事務所
15日(土) ひょうご労働運動連絡会総会
        1時 神戸市勤労会館
16日(日) 滋賀支部学習会
        2時 湖南市サンヒルズ甲西
21日(金) 郵政不当配転裁判
        11時 大阪高裁
21日(金) 第5回執行委員会
        6時30分 労働センター
28日(金) 尼崎地区労第15回定期大会
        6時30分 尼崎市労働福祉会館
 

     


  
     
スポンサーサイト
尼崎市に公契約条例を 署名運動始まる
 武庫川ユニオンはかねてより、尼崎市にリビングウェイジ条例を作ろうと訴えてきました。昨年3月「尼崎にリビングウェイジ条例の制定をめざす会」が結成され動きだしました。特に昨年2月に尼崎市住民票入力業務の偽装請負の告発以来、尼崎市内部や議会の中でリビングウェイジ条例の意義に関する理解が広がりました。そして市議会での陳情採択をへて、「公契約条例の実現させる議員の会」が作られ、精力的に学習会が継続されてきました。そして条例案づくりのワーキングチームが作られ、議論をかさね、第1次案ができ10月9日に市民に発表されました。今後1カ月程度で意見集約を行い、条例案を完成させ、12月市議会に議員提案とし採択をめざすことになりました。
 めざす会は12月市議会での採択をめざし、採択を求める個人署名活動を始めることになりました。第1次案で私たちが評価するのは、自治体の業務委託などの労働者の最低賃金を尼崎市役所の高校卒業初任給以上としたこと。試算では時間当たり1100円程度になります。また業者が変わっても雇用が継承っされることを明記したこと。発注主(尼崎市)の責任も入れられたことなどです。ここで詳細をしるすことはできませんが、この条例が採択されれば、尼崎市は全国で働く者を大切にする先進自治体となるでしょう。尼崎市民のみなさん全国の仲間のみなさんにお願いがあります。一人でも多くのみなさんの署名を寄せていただきたい。連絡いただければ郵便でメールで署名用紙を送ります。全国の働く仲間の力で尼崎で大きな一歩を踏み出したいと思っています。

署名用紙(PDF形式)

ama0810.jpg
日本郵便非正規ユニオンの結成を決意
 郵便会社長田支店に働く非正規労働者が武庫川ユニオンに加入したのは今年の8月25日。ユニオン加入の動機は、新たな契約更新にあたり、1日8時間を6時間に同意するよう求められたことでした。9月9日に初めての団体交渉が行われ、長田支店は労働時間の変更はしないことを約束しました。合わせて、コレまで正規労働者の終業時刻が午後4時45分なのに非正規労働者は午後5時でした。この問題を指摘すると、服務表を見直すと約束し、9月28日から正規と同様となりました。
 しかし会社は未だに団体交渉で合意した事項についての協定書の調印を拒んでいます。
 こうした事態の中で分会会議を開催し、以下の点について確認しました。1、労働条件の不利益変更を止めさせ、労働時間の差別を止めさせることができたのは、思い切って武庫川ユニオンに加入し分会を結成した成果であること。2、非正規の問題は非正規労働者自らが闘わねばならないこと。
3、協定に調印しないことは、誠実な団体交渉を行う意志のないことの表明であり、組合と認めていないことだ。合意事項については協定書を交わすまで闘うこと。4、今回の闘いの成果をもっと多くの郵便会社で働く非正規の仲間にも知ってもらうため、分会の名前を変え、日本郵便非正規ユニオンとする。そのため結成大会を開催しより多くの仲間に働きかける。
結成大会の日時 2008年10月29日(水)午後6時30分 場所 神戸市勤労会館2F多目的ホール
簡単な懇親会も開くことになりました。郵便会社に働く非正規の仲間に結集を呼びかけます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。