ターザンの呟き・・・ ( ̄ε ̄ )
ようこそ!! 武庫川ユニオンの旬なニュース&トピックスを配信いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
6月の日程
6月の日程

6月の労働相談日
 面談(9時から20時)
 電話 06-6481-2341 
 6月 2日(水)
 6月 9日(水)
 6月16日(水)
 6月23日(水)
 6月30日(水)


6月の日程
 1日(火) あかしユニオン叶フーズ裁判
       午後1時30分 神戸地裁社支部
 3日(木) ダストマンサービス裁判
       午前10時、神戸地裁尼崎支部
 7日(月) 日本郵便非正規ユニオン支部、
       近畿支社交渉 
       午後5時、長田支店
 8日(火) 原和美を国会に送る労働者集会 
       午後6時30分 神戸私学会館
10日(木) ユニオン音楽隊練習
       午後6時30分 音楽室
11日(金) 働く人の権利学習会
       午後6時30分 労働センター
13日(日) あかしユニオン叶フーズ抗議行動
       西脇市
13日(日) ひょうごユニオン第13回定期総会
       午後1時30分 加古川総合庁舎会議室
15日(火) 「いのちの山河」丹波上映会
       14時、19時 春日文化センター
15日(火) ひょうご労働法律センター総会
       午後6時30分 神戸市勤労会館
17日(水) 原和美勝利のための尼崎集会
       午後6時30分 尼崎市労働福祉会館
18日(金) 第11回執行委員会
       午後6時30分 労働センター
20日(日) 滋賀支部第3回総会
       午後2時、サンヒルズ甲西
22日(火) 猪名葬祭裁判
       午後4時 神戸地裁伊丹支部
24日(木) ユニオン音楽隊練習
       午後6時30分 音楽室
25日(金) 労働相談実務者養成講座
       午後6時30分 労働センター
28日(月) 機関紙編集委員会
       午後6時30分 事務室 
スポンサーサイト
労働者福祉の拠点、労働福祉会館を守ろう
1、尼崎市が検討している労働福祉会館・労働センターの廃止理由
 労働福祉会館運営審議会
  現状 
★民間事業者による教養文化事業の充実に加え、勤労者や市民の価値観の多様化などの結果、労働福祉会館は労働者福祉の拠点から市民会館へと役割が変化している。
★類似施設の貸館施設の整備が進んだことなどにより労働福祉会館の利用率が最高56.7%であったものが、平成20年度には26.1%と半分になった。
★昭和41年に建設され、建設後43年が経過し、受水槽や冷暖房機、受電用高圧機器等の設備の老朽化が著しく、継続して維持運営していくためには、本体の耐震補強工事と合わせ数億円の改修費が必要となる。
今後の方向
 現在の指定管理者の指定期間の終了に合わせて施設を廃止せざるを得ない。
尼崎市施策評価委員会
 貸館の主たる利用層が労働団体などから近隣の住民にシフトしてきている。施設や設備の老朽化等に伴い利用率も低下しており、貸館施設としての存在意義は薄れている。存続となれば、老朽化や耐震化への対応が必要となるが、尼崎市の危機的な財政状況では、設置目的、存在意義の薄れた施設にそうした費用を投じることは難しいことから、廃止すべきである。

2、尼崎市の考えるスケジュール
    6月末から7月頃に、方向を確認。
    2011年2月市議会に廃止の提案。議決
    2012年3月末で廃止
私たちの考え方
1、利用率は本当に低いのか
  ニーズに合わない会議室の利用率は悪い。応接室4.8%、1F会議室6.7%、茶室9.1%、など。一方、4F会議室48.1%、教室53.6%、音楽室48.3%などと、高い利用率となっている。またホール関係も、平均すれば30数パーセントではあるが、日曜日でみれば、大ホールの昼間は88.5%という状況である。
利用の低い部屋を回収などして例えば音楽室に変更するなど、ニーズに応えるものに変更するだけで利用率は上がると思われる。利用率は決して低下していない。
また、各種、労働福祉会館独自の事業を展開することで、利用率の向上を図ることは可能である。利用率の低下があったとすれば、労働福祉会館運営審議会を含めた労働福祉会館事業の展開に問題があったと言わざるを得ない。
 
2、老朽化が著しく、耐震補強工事に費用がかかり、尼崎市の財政危機の中では、廃止しかないのか老朽化が急速に進行した原因の一つに、必要な改修工事が出来てこなかったことにも責任がある。また、老朽化でいえば、尼崎市役所本庁舎をはじめ、次々と老朽化が進み廃棄していくしかなくなる。尼崎市には公共施設をなくしてしまうしかない。

3、設置目的、存在意義の薄れたか
 尼崎市立労働福祉会館の設置及び管理に関する条例では、第2条で設置目的を次のように定めている。
   「働く市民の福祉の増進と教養文化の向上を図るための各種事業を積極的に推進するための施設として会館を設置する。」としている。今日の働く者をとりまく情勢は、非正規雇用が全国的に増大し、34%となっている。派遣村に象徴されるような、働く者の格差、貧困化が進行している。
 たしかに労働組合の使用が減少しているが、労働組合に加入している労働者の多くは大企業・正社員・公務員などで、各企業内に会議室を含め福利厚生施設を持っている労働組合が労働福祉会館などの利用が減少しているかもしれない。しかし、現在でも60組合程度の利用がある。また、たとえば武庫川ユニオンは小零細企業、非正規労働者を組織し、学習会、交流会、団体交渉、音楽活動など、労働福祉会館、労働センターを最大限利用しており、利用頻度は毎年高まっているし、他にも利用回数が増大している労働組合もある。
 また、労働福祉会館は、労働組合だけが活用することを目的としているのではない。市民の大半は働く市民であり、労働福祉会館の活用を広げることで福祉の増進、教養文化の向上を図ることが一層求められている。

4、労働福祉会館の存続を求める会の結成
 5月24日に「労働福祉会館の存続を求める会」の結成を確認し、次の取り組みを決めた。 ・「会」として尼崎市との話し合いの場を求める。・9月市議会に向けて存続を求める陳情署名を最大限集める・市民宣伝活動を強化していく。ご協力いただけるみなさん、事務局 尼崎地区労まで連絡してください。06-6481-2341 FAX06-6481-4727

5月の日程
5月の日程
5月の労働相談日
    電話(06-6481-2341)
    面談(ユニオン事務所)
 5月12日(水)
   19日(水)
   26日(水)


5月
10日(月) 猪名葬祭裁判
        10時20分
        神戸地裁伊丹支部
10日(月) ダストマンサービス裁判
        16時
        神戸地裁尼崎支部
11日(火) セグメント労働委員会
        9時30分
        兵庫県労働委員会
14日(金) 働く人の権利学習会
        18時30分
        尼崎市立労働センター
        報告 猪名葬祭分会
18日(火) 日本精工労働委員会
        13時30分
        滋賀県労働委員会
19日(水) 働くものの学習会
        18時30分 事務所
21日(金) 執行委員会
        18時30分
        尼崎市立労働センター
24日(月) SBR裁判
        10時15分
        神戸地裁尼崎支部
24日(月) 川崎重工労働委員会
        13時
        兵庫県労働委員会 
27日(木) 労働相談実務者要請講座
        18時30分
        尼崎市立労働センター
29日(土) 兵庫県パートユニオンネット総会
        13時30分
        神戸市勤労会館    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。