ターザンの呟き・・・ ( ̄ε ̄ )
ようこそ!! 武庫川ユニオンの旬なニュース&トピックスを配信いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
派遣先企業(日本精工)の逃げ得は許さない!!
 本日11月24日武庫川ユニオンは日本精工の団体交渉拒否について労働組合法違反であると滋賀県労働委員会に救済申し立てを行った。2004年4月からブラジル人労働者Mさんはプロッテクという派遣会社から日本精工で仕事を請けおう(派遣)ユーイーという会社に派遣されて働いていた。2007年1月からはワーキングツーヅーという会社から日本精工に派遣されることになった。元のプロテックとワーキングツーヅーはそれぞれ親族が代表を務め、実質的な事務所は同じである。そして2008年9月に日本精工はワーキングツーヅーとの労働者派遣契約を解除し、結果Mさんは解雇を通告されていた。Mさんから相談を受けたのは2009年3月に開催した滋賀での相談会。これまで派遣元との団体交渉は2回開催した。しかし会社は労働基準監督署で了解してもらっている。解雇は問題ないという態度に終始した。武庫川ユニオンは滋賀労働局の是正指導を受け日本精工の雇用責任を求め団体交渉を申し入れた。しかし日本精工は雇用関係がない。派遣法違反もないので団体交渉に応じられないと拒否してきた。
 現在派遣法の抜本改正を求めているが、現行派遣法においても派遣先会社はまったく団体交渉応諾義務を免れているわけではないはずだ。派遣先は実質的な使用者だ。日常の労務管理は派遣先が行い、雇用も労働条件も派遣先の意向によって決められる。いわゆる背景資本だ。まして違法状態で派遣労働者を都合良く使い、いらなくなったら切り捨て、労働組合との団体交渉応諾義務を免れて良いはずはない。派遣会社も当然責任を問われるが、一体となって問題の解決を図るべきだ。派遣先会社の責任を追求しなければならない。そして根本的には製造業派遣を容認した派遣法を改正につなげていきたい。兵庫でも川崎重工業との闘いが開始されている。滋賀県労働委員会の判断に期待したい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。