ターザンの呟き・・・ ( ̄ε ̄ )
ようこそ!! 武庫川ユニオンの旬なニュース&トピックスを配信いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アベノミクスにNOを
 政治家の人たちはいたい何を考えているのは分からない。2012年衆議院選挙で民主党が惨敗し安倍政権が成立した。昨年の参議院選挙でねじれを解消し、安倍首相は弱小政党を蹴散らし「世界で企業が一番活動しやすい国つくり」にまい進してきた。異次元の金融緩和として日銀は国債を買いまくる。これまた異次元の財政出動で需要を喚起する。その結果わが国で起こったこと。株価の高騰、円の価値低下。原油価格をはじめ穀物のなど価格が高騰し、市民生活を圧迫し始めた。4月には財政再建とした消費税を8%に聞き上げた。私たちの実感として経済指標を見るまでもなく生活は着実に悪化している。アベノミクスのいうように儲けた大企業のおこぼれが下々の者に回ってくる「トリクルダウン」だなどとのどかなことを言っていると落ちてくるのもは干からびた糞だけだ。
 安倍政権は2年間、国民の信をとうことなく、特定秘密保護法を制定させた(何が秘密ですか。それが秘密です)憲法違反の集団的自衛権の行使の容認を閣議決定した。武器・原発の輸出を進めようとしている。沖縄県知事選挙で辺野古移設NOを圧倒的な県民が判断した。翁長新知事のインタビューを落ち着いて堂々としておられた。県民と共に歩む自信の表れか。一方、落選された仲井眞知事や菅官房長官の「決まったことだから」という発言になんの迫力もなかった。
 さて、安倍首相は、消費税の10%への引き上げの延期するために国民の信を問うとして21日に衆議院を解散し12月14日投票で決まりだそうだ。まったく分からない。国民の信をとうならいくらでも本来問うべき課題があった。特定秘密保護法も集団的自衛権行使も労働法制の大改悪も国会の多数で押し切ればいい問題ではない。働く者の将来が変わってしまう代物だ。こんなでたらめ聞いたことがない。野党の選挙準備が整わないうちに、株価がもっと下がらない間に、景気がさらに悪くならない間に、こっそりと解散していまい、多数を占めておこうということのようだ。それでも、国民に安倍を追い落とすチャンスを得たのは事実だろう。私たちが若かったころと政治情勢はまったくことなってしまったが、嘆いてばかりいてもしかたがない。全国で議論を巻き起こそう。少なくとも安倍の退陣を求める気持ちは一致すると思う。爆発的な力がはっきできる方法をみんなで議論しよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。