ターザンの呟き・・・ ( ̄ε ̄ )
ようこそ!! 武庫川ユニオンの旬なニュース&トピックスを配信いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
憲法違反の安全保障法案の衆議院採決を許すな
 安倍政権は議論を尽くしたとして安全保障関連法案(11の法案)を今日にも衆議院の委員会で採決するという。この法案に関しては審議は尽くされているどころか、反対の声は日に日に大きくなっている。学者・文化人の1万人人々が「反対する会」に賛同して各地で声を上げている。学生たちも連日国会を取り囲んでいる。マスコミ各社の世論調査でも安倍政権の支持率は下がり不支持が上回っている。法案に反対の声は5割を超え今国会での成立反対の声は7割だと報じられている。憲法学者の圧倒的多数がこの法案は憲法に違反しているとの意見を表明している。菅官房長官は合憲もたくさんいるといたが結局3人くらいしか出てこない。安保法案には改憲論者も反対の声を上げている。集団的自衛権の行使するには、まず憲法を変えてからしなければという意見だ。戦後70年日本自衛隊は他国の人々を殺すことも、殺されることもなかった。安保法案が成立し、自衛隊がアメリカの戦争の後方支援に回れば、相手国から狙われる。こんなに重大な法律をいとも簡単に成立さしていいのか。絶対に許してはいけない。今日も国会では抗議の行動が展開されている。一人ひとりの組合員ができる行動に立ち上がろう。メール通信でも様々な行動のお知らせをしている。諦めず闘い続けることで展望を開くことができる。
 労働者派遣法も衆議院を通過し参議院での審議が始まった。よくもこんな酷い法案を出したものだと思うが自民・公明の多数で押し切ろうとしている。労働法制改悪反対運動も山場にはいる。こちらも手を抜いてはいけない。安倍政権打倒を声高に叫ぶのはいまだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。