ターザンの呟き・・・ ( ̄ε ̄ )
ようこそ!! 武庫川ユニオンの旬なニュース&トピックスを配信いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
武庫川ユニオン大会宣言
 私たち武庫川ユニオンは本日第28回定期大会を成功させた。武庫川ユニオンの結成は1988年5月。非正規労働者の権利確立、労働運動の再生をめざし闘い続けて来た。戦後70年の今年私たちは最大の危機に立たされている。
70年前、日本国民は戦争の悲惨さ、愚かさを思い知ったはずだ。15年戦争ではアジアで幾百万人の尊い命を奪った。そして沖縄では地上戦が展開され、幾十万の戦死者を出した。8月9日は広島に続き長崎に原爆が投下された日だ。原爆は一瞬のうちに幾十万人もの命を奪い、放射能後遺症で多くの命を奪い続け、今も尚、苦しめられ続けている。
戦後日本は不戦を誓い、平和憲法を持ち、戦後70年間戦争に巻き込まれることなく平和を守ってきた。しかし今、安倍政権による戦争法案である安保関連法案は、衆議院で強行採決され、参議院で審議されている。国会前では連日のように集会・デモが繰り広げられている。この8月から9月は平和を求める人々と、戦争のできる国に変えていこうとする勢力の一大決戦でもある。悔いを残すことなく一人ひとりにできる活動をやり切ろう。
2012年第2次安倍政権の誕生以来、アベノミクスと自ら称する「異次元の金融政策」と財政政策で円安、株価引き上げを進めた。結果、大企業と資産家には莫大な利益をもたらしたが、働く者には格差拡大と貧困化を一層進めた。
 私たちに日々寄せられる労働相談は、賃金低下と雇用の不安定化、経営者の凶暴化や職場の荒廃によるイジメ・パワハラの増大が進んでいることを示している。安倍政権は雇用の不安定化を一層進める労働者派遣法の改悪に突き進む。3年ごとに人さえ変えれば派遣労働を永遠に認めるというとんでもない法改正だ。労働者派遣法も衆議院を強行突破された。安倍政権は派遣法改悪に留まらず、労働者保護の根幹である8時間労働時間規制の撤廃を目指している。一定年収以上の労働者には労働時間・深夜・休日規制を撤廃するという。他にも解雇の金銭解決、労働特区など、企業が世界で最も活動しやすい国づくりに余念がない。
 働く者の反撃も力強く起こっている。戦争法に反対する若者たちや女性たちの闘い。沖縄で辺野古基地建設に体を張った粘り強い闘い。脱原発の闘い。私たちもこうした闘いに学びたい。支配するものは1%にすぎない。99%の働く者が共通の敵を明らかにし、団結と連帯を築きあげ、戦争法を許さない闘い、労働者派遣法をはじめ労働法制の改悪を許さない闘い。全ての争議に勝利し、組織の強化拡大に全力で取り組むことを決意する。
 以上、宣言する。
2015年8月9日
                                                         労働組合武庫川ユニオン第28回定期大会
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。