ターザンの呟き・・・ ( ̄ε ̄ )
ようこそ!! 武庫川ユニオンの旬なニュース&トピックスを配信いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
格差NO!公契約条例の制定を!MAYDAYあまがさき2016メーデー宣言
 
メーデー宣言(案)
 私たちは、本日「格差NO!公契約条例の制定を! MAY DAY あまがさき 2016」を開催した。
メーデーの起源は130年前、アメリカ・シカゴの労働者が8時間労働制を求め統一ストライキで闘った1886年5月1日とされる。そして全世界の労働者たちは営々と、働く者の権利の確立の闘いを続けてきた。
しかし、今日わが国では危機的な状況が生まれている。安倍政権は大企業のための金融・財政政策を推し進め、成長戦略と称し、労働者派遣法の改悪に続き、8時間労働制さえもつぶそうとしている。経済格差は拡大し、富める者は益々富み、貧しき者は益々貧しくなっていく。こんな社会を絶対に認めるわけにはいかない。
 昨年9月19日、戦争法である安保関連法が強行され、本年3月29日施行された。安倍政権は、秘密保護法の制定や電波停止発言など、マスコミ報道・言論への介入を強めている。憲法の立憲主義、基本的人権、平和主義が脅かされている。私たちは国民の知る権利が制限され、民主主義が否定され、悲惨な戦争へと突入していった歴史に学ばなければならない。
 2016年4月14日以降、熊本・大分で大地震が続いている。倒壊した木造家屋など姿は阪神大震災を彷彿とさせる。何万人のもの人々が厳しい避難生活を強いられ生存すら脅かされている。地震そのものは自然災害だ。しかし、被災者の生活を守り、新たな災害を未然に防ぐことは政治の責任だ。我が国で唯一稼働している鹿児島川内原発までは震源地から数十キロである。私たちは、被災者への支援。復旧・復興と合わせ、住民の国民の安全を保障するため、ただちに川内原発の停止を求める。
沖縄の人々は辺野古新基地を許さないと、粘り強く闘い続け、オール沖縄を生み出し、政府とそしてアメリカに堂々と対峙している。この闘いに私たちも学びたい。
私たちは本年のメーデーの名称を「格差NO!公契約条例の制定を!MAY DAY  あまがさき2016」とした。
公契約条例を制定し「これ以上の官製ワーキングプアを生み出さないこと。自治体関連労働者の賃金・労働条件を人たるに値するものでなければならないこと。」を求める。その労働条件は、地域全体の働く者の労働条件の向上に結びつき、地域経済の発展に結びつくからだ。格差のない平等な社会への一歩を踏み出すことを誓うメーデー集会としたい。
この社会を支配するものは1%にすぎない。99%の働く者が共通の敵を明らかにし、団結と連帯を築きあげ、闘う決意を固めあえば、困難を突破できるはずだ。悲惨な歴史を繰り返してはならない。本日のメーデー集会で、脱原発、平和憲法擁護、労働者派遣法をはじめとした労働法制の改悪反対、そして公契約条例制定運動を強化することを確認した。働く者の未来を切り開くため全世界の労働者と連帯を深め全力で闘い抜くことを決意する。 以上、宣言する。
 2016年5月1日
          MAY DAY あまがさき 2016 参加者一同
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。