ターザンの呟き・・・ ( ̄ε ̄ )
ようこそ!! 武庫川ユニオンの旬なニュース&トピックスを配信いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ダイハツ構内請負会社マブチと勝利和解成立
 昨日2月25日の尼崎市との団体交渉で怒り狂った。未だ怒りは収まらない。きっと怒り続けるだろう。怒りに震えながらも今日は気分のよいことがあった。今日、中央労働委員会で、係争中であったマブチの不当労働行為争議の和解が成立した。マブチの闘いは滋賀県にあるダイハツの構内請負会社マブチに働く16人のブラジル人ペルー人が武庫川ユニオンに加入し、①2カ月契約を実態に合うよう長期の契約にすること ②日本人同様あるいは正社員同様賃金の引き上げ ③ボーナスの支払いを求めた当たり前の要求だった。しかし会社は「2カ月契約の労働者に賃上げもボーナスも必要ない」の一点張りで一切の歩み寄りがなかった。私たちは8時間のストライキに突入した。それでも会社は弁護士を押し出して一切の妥協はなかった。膠着状態の中で、動揺した組合員たちに、会社はユニオン脱退すればストライキでカットした皆勤手当と賃金を返すと回答し9人が脱退した。私たちは明かな不当労働行為であると滋賀県労働委員会に申し立てていた。昨年9月に勝利の命令を出してくれた。会社は直ちに中央労働委員会に再審査を申し立てていたものだ。和解内容の概要は「1、会社及び組合は相互の立場を尊重しつつ、円満な労使関係の確立と安定に努力する。 2会社は、組合に対して、本件の解決金として金○○円を支払う」というものだ。かれらが諦めていたら今日の和解はありえない。なれない日本に働きに来ているブラジル人・ペルー人が闘い続けたのだ。つらいこともあっただろう。しかし初心を忘れず、会社からの甘い誘いにも負けず一緒に闘い続けてくれた。彼らに心からエールを送りたい。分会委員長は、「今日の勝利をふまえて、もう一度仲間を増やし会社に要求していきたい」と語ってくれた。日本人労働者も頑張ろう。経営者には経営者の論理はあるだろう。しかししてはいけないことがある。それは法違反とユニオンとの信義則違反だ。職場は働く者抜きには回らないことを肝に銘じるべきだ。
 尼崎市を絶対に許さない。マブチに続き尼崎市との闘いでも勝利の報告ができる日を待っていてください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。