ターザンの呟き・・・ ( ̄ε ̄ )
ようこそ!! 武庫川ユニオンの旬なニュース&トピックスを配信いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
滋賀県労委がマブチの不当労働行為を認定
 昨年3月、滋賀県のダイハツ構内請負会社マブチに働くブラジル人15人で武庫川ユニオンの分会を結成し、労働条件改善を求めて闘いを進めてきました。ストライキ後、会社は組合脱退と引き換えに、カットした賃金を返すという不当労働行為を行い、15名中9名が脱退させられました。
 私たちは、昨年8月2日に滋賀県労働委員会に救済申立を行っていましたが、9月7日滋賀県労働委員会は、脱退を条件とする利益供与の提示や供与は組合活動に対する支配介入の不当労働行為であると命令し、組合に対し滋賀県労働委員会から不当労働行為であると認定を受けたとの文書の交付を命じました。

m082.jpg

 武庫川ユニオンに命令書が届いたのは9月10日です。早速団体交渉を申し入れました。
 会社の圧力に屈することなくガンバリ抜いたマブチの組合員たちにエールを送りたい。
 さあ勇気を出して、もう一度ほんまもん労働組合を作り直そう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。