ターザンの呟き・・・ ( ̄ε ̄ )
ようこそ!! 武庫川ユニオンの旬なニュース&トピックスを配信いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
三池闘争の聖地でユニオン誕生か
 先週の日曜日、熊本県荒尾市に行ってきました。荒尾労組会議の招きで、ユニオン運動の話をして欲しいということでした。少し早く着いたので、地元の事務局長さんの案内で三井三池炭坑の万田坑跡の見学をする機会を得ました。学習会の会場も万田坑跡のすぐ近くの万田炭鉱館という施設でした。1950年代から5人組活動、学習会活動、家族ぐるみの闘いなど日本最強の労働組合として成長し続けた三池労組について、私は若い頃先輩たちに教えられました。財界は高度経済成長を前に三池労組を壊滅させることに全力を上げました。大量解雇攻撃に当時、総評は全力で闘いました。総資本対総労働の闘いと言われました。つまり労働者の敵は三井資本だけではなく日本の総資本であったということです。三池労組は良く闘いましたが、労働者の弱さにくさびが打ち込まれ組合の分裂も経験しました。万田坑を見学しながら、炭鉱労働者たちの男臭い労働運動が激しくこの地で闘われたのだと感慨ふかいものがありました。炭鉱労働者の住宅はもちろん今はなく、新しい住宅もありましたが、竹藪となり森となっていました。芭蕉の句を思い浮かべながら見学しました。3月に尼崎市役所でストライキで闘っていたとき、友人が現在の三池闘争として闘おうと激励いただきました。三池闘争の戦士のみなさんの足下にもおよびませんが、非正規労働者全体の闘いであるという認識はもつことができました。
 三池闘争からもうすぐ50年になろうとしています。日本の夜明けを夢見て闘った彼らからは、今でも歌い継がれている労働歌がたくさん生まれました。もっとも有名なのが「がんばろう」ですが他にもいっぱいいい歌があります。ほんまもんの闘いからは歌がうまれるのでしょう。その三池の荒尾で地域ユニオンを作ろうということで今回私が招かれたというわけです。
 この地に地域ユニオンがなかったのが不思議なくらい、やる気満々の市議会議員や県議会議員を始め地区労活動家のみなさんが学習会に参加されていました。きっと立派なユニオンが誕生するだろうと思っています。健闘を祈ります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
初めて書き込みます。ちょくちょく参考にしています。これからも遊びにきますね。
2008/10/22(水) 04:00:50 | URL | hanae #-[ 編集]
こんにちは
たまに遊びに来ます。いつも更新凄いです。僕も頑張ります。ここのところ寒いので風邪などに気をつけて下さい。応援しています。
2008/11/10(月) 12:17:24 | URL | 昭夫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。