ターザンの呟き・・・ ( ̄ε ̄ )
ようこそ!! 武庫川ユニオンの旬なニュース&トピックスを配信いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
公契約条例を制定するしかない
 尼崎で中央卸売市場の清掃業務の入札で尼崎市の市場担当の幹部と業者が「偽計業務妨害」容疑で11月初めに逮捕者が出た。この仕事は見積もり合わせで長年同一の業者が業務を請け負ってきていた。ところが06年に新たな業者が参入することになったが、その業者は安値で落札を狙っていることがわかった。今回逮捕された課長は、マスコミの取材に「参入しようとする業者が良くない評判があったので、同一の業者に請けおって欲しかった」と述べている。新たな業者が安値で落札することで業務に混乱が起こることを避けたかったのだろうと思う。逮捕容疑の偽計業務妨害というのは、見積もりあわせの随意契約方式に変え、指名競争入札が行われた。しかしこの入札は調度課ではなく原局で行ったということだ。しかも最低制限価格がもうけられ、安値の業者を排除した。という事らしい。事業の発注者が単に安いだけで仕事を任せられないと考えたことは当然だと思う。武庫川ユニオンでも入札の問題に遭遇したが、例えば斎場で競争入札が行われたとき、実は発注者の尼崎市もそこで働く労働者が入れ替わることは業務の安定的な確保のためには困ることであると考えていることが明らかだった。しかし法律で競争入札が義務づけられていると、実施された。
 公共工事などの談合問題が度々あきらかとなる。しかし労働者の賃金がその大半であるような業務の競争入札を同列視して良いのかという問題提起が、尼崎市役所派遣労働者のストライキであった。
公共サービスを民間にアウトソーシングする必要がたとえあったとしても、そこには業務の安定的確保が必要な分けだ。それには働く労働者の雇用の安定が必要不可欠となる。
 私たちが12月市議会に提案使用としている公契約条例は、まさに競争入札にあたって、安ければ安いほど良いという現状に歯止めをかけようということだ。最低の賃金、総合評価システム、雇用の継続などが盛り込まれている。
 今回の事件は役員や業者の個人的な利益のために合ったのではないと信じている。雇用の安定と業務の安定的な確保のために策を弄してしまったのだと思う。公契約条例が制定されていたならば今回の事件はなかったと確信する。今回の事件を教訓に尼崎市が如何なる入札改革をしようとしているのだろうか。未だその方針は不明だが、競争こそが正義である。競争入札こそが透明性があり公平だという方向に短絡的な方向に進まないことを願う。そうではなく反対に入札にも規制を加え、業者が法令遵守をしているか。条例で定める賃金水準を確保しているのか。社会的な価値を実現しようとしているのかなどを判断基準にする制度にそして働く者が安心して入札を迎えられる雇用の継承などを制度化した公契約条例の制定を積極的に推進するべきだと思う。
 12月市議会が注目される。現在個人署名活動が展開されている。積極的な協力をお願いしたい。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。