ターザンの呟き・・・ ( ̄ε ̄ )
ようこそ!! 武庫川ユニオンの旬なニュース&トピックスを配信いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
グローバル エアカーゴ8時間スト突入
 10月21日午後7時から運送会社グローバル エアカーゴで組合員12名によるストライキを実施しました。ストライキ突入集会には地域はもちろん、県内各地から大阪からも、午後7時というのに支援者が続々と詰めかけてくれました。会社のトラック出入り口には「スト決行中」書かれた横断幕と色とりどりの組合旗、のぼりが立ち並び、なかなか壮観でした。
 今回のストライキの要求は極めてシンプルです。この職場に武庫川ユニオンの分会が結成されたのは、本年9月2日、会社は団体交渉には応じるものの、「組合員の雇用・労働条件に変更に関する事項については事前に組合と協議し合意にもとづき実施されたい」に対し、会社は応じられない。つまり労働条件の変更は「会社が勝手に進める」というに等しい回答に対するストライキです。会社はスト通告にも、この回答を変えなかった訳です。

 P1000026.jpg

 さて、日本の労働運動の中でストライキがほとんど無くなりました。しかし、兵庫県下のユニオンでは、武庫川ユニオンのマブチ、神戸ワーカーズの大清道路、明石のカルフールなど、ストライキで闘ってきました。労働組合が団体交渉を進める上で、そのバックにストライキが無ければ、お願いになってしますとつくづく感じました。ただ、各ユニオンの組合員は職場では圧倒的少数派が多いわけで、なかなか有効なスト戦術を配置できなかったのです。少しづつですが、職場で一定の勢力を持つところまできています。
 ストライキで一番すばらしいと思うのは、組合員がイキイキとなることです。奴隷のように扱われてきた組合員たちが、堂々と会社に力を示すことができるのです。昨日も社長室めがけ、何度もシュプレヒコールを繰り広げました。応援に来てくれた仲間も元気になりました。さあ、今後の展開に注目ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ワシも行きたかった・・・。
 ストライキをする権利は、日本では日本国憲法28条により労働基本権のひとつとして保障され、主に労働関係調整法で規定される。
 なぜか、日本ではストというとあまり良いイメージがないが、労働者の権利としてちゃんと保障されておる。合法なのじゃ!何も悪いことしとらん。悪いのは違法行為をしたり、法律を知らない使用者のほうじゃ!!最近は、経営者や会社幹部の「品格」が低すぎる。ちゃんと話し合いのテーブルにつき、正々堂々議論せよ。
2007/10/24(水) 09:27:44 | URL | 爺 #8kGFketQ[ 編集]
元気だね
相変わらずターザンのおっちゃんは元気ですな。豚さんも老骨に鞭打ってもうひと戦さしまっせ。
10月4日の派遣法抜本改正の国会集会は大盛況だった。さらに各政党に「本気でやろうよ」と呼びかけているところだ。
 連合様も「登録型派遣禁止」を方針にしましたし、さて、参議院多数を生かして攻めあげたいですね。
マブチの中労委であいましよう。
2007/10/24(水) 14:56:49 | URL | 紅の新宿豚 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。